法事について

法事とは、本来は、すべての仏教行事のことを表します。お釈迦さまの教え、仏さまの心を知るということを法事と言っていました。しかし今では、法事とは一般的に仏事儀礼、行事、さらに故人への供養(追善供養)を勤めることを表します。四十九日・一周忌・三回忌など故人を偲び、仏法を拝聴するための法要をさします。施主が、花や飲食を仏さまにお供えし、さらに読経をすることで、善根(良い行い)の功徳を積むことを供養といいます。その功徳を回向することによって、ご先祖さまや故人、さらに、すべての人びとの冥福を祈るのです。さらに自分を含てあらゆるものが仏道を成就することを祈るのです。法事は、故人の方々が自分を今日まで守ってくださったことに対する感謝の気持ちを表わす大切な行事といえます。
法要と法事は、現在同じように使われていますが、厳密に言えば、法事は追善供養のほかに、祈願、報恩などの仏法行事全般のことを表します。法要は、追善を目的とした行事のことを表すので、同じものではありません。法要は法事の一部なので、使い方が分からない時は法事と表現しましょう。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">