妊娠中の適度なダイエット

妊娠中は体重が増加しやすくなり、多くの妊婦が、お腹が大きくなるとともにどんどん体重が増加する傾向にあります。しかし、体重増加を続けると、出産のときに悪影響が出たりします。体重管理、体重増加をしっかりと抑えなければならなりません。妊娠中の体重の増えすぎで、糖尿病や妊娠中毒症にかかることが多いからです。また、微弱陣痛になりやすく、陣痛促進剤などを使用しなければならなくなります。さらに、体重が増えすぎで、脂肪が産道についてしまい赤ちゃんが出てきにくくなります。その結果、出産時間が長時間になり出産のリスクが大きくなります。
妊婦の体重管理は大切なことなのです。体重が増えすぎた場合には、入院して病院食でダイエットをする場合もあります。日本人は欧米人と比べて妊娠中毒症に患りやいのです。しかし、体重管理や妊婦ダイエットばかり注意しているのも問題です。赤ちゃんの成長のため必要な栄養はしっかりと取らないといけません。バランスの取れた食事をとり、適度な運動と妊婦ダイエットを心がけましょう。

カテゴリー: 健康・美容   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">