英語はスポーツと同じで体で覚えるもの

私の職業は、グラフィックデザイナーです。
以前から海外のデザイナーと交流をしたくて、
英会話をマスターしたいと思っていました。

しかし、学生時代から英語が苦手教科で、
英語の成績は最低だったのであきらめかけていました。

そんな時インターネットで見つけたのが
夏目雅浩さんのマッスル・イングリッシュ・プログラムだったのです。

英語はスポーツと同じ様に頭で考えるのではなく、
実際に体を使ってマスターすると言う、今までにない発想が斬新でした。

マッスル・イングリッシュ・プログラムを実践すると、
今まで、単なる音でしか聞こえなかった英語が、
しっかりと会話として頭に入ってくるようになりました。

今では英会話もできるようになり、
世界中のグラフィックデザイナーと情報交換しています。

英語でのメールやチャット、
それに携帯での会話も普通にこなせます。

さらに、業界では有名なブログ等を利用して、
グラフィック関係の仲間を世界中に作れました。

ネットが発達した今、英語が使えると、
自宅にいながら世界中とコンタクトが取れるのです。

夏目雅浩さんのマッスル・イングリッシュ・プログラムのおかげで、
これからの人生の夢が何倍にも膨らみました。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">