阪神が巨人に勝利

10月15日に東京ドームで行われたプロ野球のセリーグのCSファイナルステージ第1戦は、読売ジャイアンツと阪神タイガースの試合でした。阪神は、初回に島谷選手がタイムリーツーベースを放つと、続くゴメス選手が、2ランホームランを打ち、いきなり3点のリードとしました。さらに攻撃の手を緩めない阪神は、3回ノーアウト1,2塁のチャンスに再びゴメス選手がタイムリーを打ち、4-0と巨人を引き離しました。阪神先発の阪神藤浪投手は、立ち上がりは不安定でしたが、4回以降は巨人打線をしっかり押さえ、3イニング連続で3者凡退とし6回まで2安打無失点のナイスピッチングを続けました。巨人は7回裏に阿部選手がホームランを打ち1点返しましたが、阪神の藤浪から福原、高宮、呉昇桓の継投の前に点が取れず、1-4で巨人が阪神に負けてしまいました。これで対戦成績は1勝1敗の五部となり、阪神の逆転日本シリーズ進出の可能性が大きくなりました。

カテゴリー: スポーツ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">