税金対策 給与所得控除とは

税金対策を考える上でパート・アルバイトに従事している本人自身について言えば、給与総額(非課税の通勤手当は含みません)で年間103万円までは、所得税はかかりません。
パート・アルバイトの人も、働いた収入(給与)にかかる税金は、正社員と変わらず、所得税というものです。給与所得に関しては、その収入総額にいきなり税率をかけて税金が発生するわけではなく、所得から差し引かれる項目があります。
その項目の一つに税金対策というものがあります。控除は差し引くといった意味です。税金対策の上で給与所得控除は大きく係わってきます。控除は税金を計算する時は必ず使われるる用語なので覚えておいください。
この給与所得控除というのが、最低でも65万円あります。さらに、38万円の基礎控除というものがあります。これら二つの控除の合計は103万になります。
したがって、年間103万円までであれば、パートの税金=(年間の給与収入103万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円-その他控除)×税率10%=0円となり、103万円までなら、パートア・ルバイトに従事しているご本人自身については、税金は全くかかりません。つまり給与所得控除を念頭に置いた税金対策が重要なのです。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">