記憶術で社会福祉士の資格取得

社会福祉士の資格取得を考えているのなら、記憶術を駆使して受験合格を目指すのもいいでしょう。

社会福祉士は、日本の福祉分野で初めて設けられた国家資格で、名称独占の資格です。社会福祉士及び介護福祉士法(第二条第一項)が1987(昭和62)年に制定され、「社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者」と定義されています。

分かりやすく解説すると社会福祉士は身体・精神などの何らかのトラブルが原因で、生活困難になっている人に対し、問題解決のために、社会福祉の専門的知識や技術を駆使して援助する専門職です。

福祉を必要とする人々の生活環境や問題を分析し、より効果的な援助方法を提案していくのが社会福祉士です。

国家資格は基本的に合格が難しいのですが、社会福祉士も例外ではありません。合格のためには記憶術をマスターして、より効率的な勉強を行うのがベストです。

カテゴリー: 日記   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">